先輩社員の紹介

総務部
総務人事部担当

山内 一広

2012年
新卒入社

入社後、穂ノ原工場製造部にてバウムクーヘンの仕込焼成部門に配属。
1、2年目は焼成前の、生地練り部門を担当。2年目を迎える直前に現在の本社白鳥工場の立ち上げに携わる。
3年目の冬に希望した総務部人事担当への異動が叶い、現在はパート採用や健康保険、労務関係業務などを担当。
またマーケティングチームにも所属し、会社の様々なイメージ向上に取り組んでいる。

総務部
総務人事部担当

山内 一広

2012年
新卒入社

入社後、穂ノ原工場製造部にてバウムクーヘンの仕込焼成部門に配属。
1、2年目は焼成前の、生地練り部門を担当。2年目を迎える直前に現在の本社白鳥工場の立ち上げに携わる。
3年目の冬に希望した総務部人事担当への異動が叶い、現在はパート採用や健康保険、労務関係業務などを担当。
またマーケティングチームにも所属し、会社の様々なイメージ向上に取り組んでいる。

会社全体の利益につながる
選択肢を。

なぜ人事を希望したのですか?

もともと入社から2年間は企画開発部での仕事を希望をしていました。
製造部でのお菓子づくりに興味を持ったので、もっと追及してみたいと思っていたのです。

ただ、3年目で製造エリアの管理業務をするようになって、パートの方たちが働きやすい環境整備が必要だと痛感していました。
例えば背が低い方が手を伸ばしてベルトコンベアーの奥側の製品を取らざるを得ない場合は、踏み台を用意してあげるだけで楽になりますし、逆に背が高い方向けには、その方用にサイズを調整した道具を使ってもらうことで作業がしやすくなります。
そんな対応をしていると、今度は「○○○で困っている」という声を発してくれるようになり、それらを個別に対応していくと、彼らのモチベーションが上がってくるのがはっきりと感じられたのです。
そしてそれは、生産現場でのお菓子づくりの主役は彼らであり、彼らのモチベーションや作業効率が上がる環境を整えてあげることが自分たちの使命だと感じた瞬間でもありました。

そう考えていると、果たして製造部に残って一人で環境整備をしたり、開発部に異動したりすることは、果たして自分のすべきことだろうかと思うようになり、結論としてこうした考えを後輩達に伝えることができる人事に行きたいと決断するに至ったのです。

仕事をする上で大事にしていることは何ですか?

全体の利益につながるには?という考えでものを見るように心がけています。

人事を希望した理由でも言いましたが、新入社員や説明会でお会いする学生の方々には、できる限り私が人事に異動したいと思ったきっかけを話すようにしています。
また、できる限り話しやすい雰囲気づくりを心がけています。
後輩に対しては、話しやすい雰囲気であれば話す回数が増えて、その分私の想いを伝えられる回数も増えます。
一方で目上の方に対しては、話しやすい雰囲気であれば色々な相談を持ちかけていただけます。
人事に対する相談は基本的には従業員に関することが多く、より多く手助けできれば従業員も働きやすく、より力を発揮しやすい環境にできるのではと考えています。

新卒者の採用では説明会等で話をすることも多々ありますが、私はどちらかというと人前で話すのが苦手な方なので、実は自信満々な「フリ」をしていることが多いのです(笑)
そしてこれを続けていると徐々に余裕が持てるようになり、最近では聴いている学生達の表情を見ながら○○○も話そうかな...とアドリブも自然に飛び出したりして、良い結果につながるのです。
よく言われることですが、やはり気持ちの持ちようだと実感します。

また、「仕事自体は本当に楽しいのか?」と問われることがしばしばあります。きっと楽しそうに見えるのでしょう。
率直に言って決して楽しいと思えなかった経験もありますが、私としては「仕事は楽しいものだ」と思うようにしています。
一週間のうち5日間は働くわけですから、5日間が苦痛だと感じると人生は楽しくないでしょうが、仕事が楽しければ、さらに楽しい休日とあわせて豊かな人生が送れるのではと考えています。
そのためにも仕事でマイナス思考的な考え方をしないように気を付けていますし、そうすることでモチベーションも落ちませんので。

香月堂をどんな会社にしていきたいと考えていますか?

香月堂を「独自性のある企業」にすることで、社員が自主的で情熱的に働く会社にしたいですね。
そのためには、会社が社会的に強い使命を持っている必要があると考えています。
イメージとしては学園祭前の高校生の熱気でしょうか?
演劇で主役を務める人もいれば大道具係の人もいますが、そのような役割の違いに関わらず、他のクラスに勝ちたいという共通理念で、全員が同じ方向を向いて自発的に動きますよね、そんな会社です。

強い理念を持っている有名な企業をよく見かけますが、香月堂もそうしたいと考えています。
それらの企業はかっこいいことを考えるのが得意というわけではなく、強い理念があるから企業が強く有名になっていったのではないでしょうか。
強い理念(テーマ・使命)を持っていると、目指すべき姿を社員が共有できるので、敢えて強要しなくても自発的に必要なことをしてくれるはずです。
今後も企業規模を拡大していけば、末端までの細かい管理は難しくなりますが、理念でまとまって同じ方向を向いていれば、自由闊達ながら結果を出せる企業にしていけると思います。

そのためには、香月堂独自の強みを増やしていく必要があると考えていますが、会社の特徴を出すのは「マーケティング」だと思います。
いまマーケティングの活動に携わっていますが、まだまだ課や部が成立するほどの成果や実績はありません。
私はこの活動を課や部の規模にすることが任務だと考えています。
他にはない発想が求められるマーケティングで実績を積んでいくことが、「独自性のある企業」への道につながるはずです。
そのために、もっとマーケティングに力を入れるべきではないでしょうか。
そして香月堂という企業ブランドが世に広く知られるようになったら、そのプロセスを本にして出版したいです。
それは自己顕示欲の現れとして書きたいところもありますが、未来の香月堂の社員たちへ語り継ぐためでもあります。
従って、出版は無理でも、軌跡を残してまとめられるくらいの仕事をしたいですね。

山内一広山内一広

自分の価値観を大切に。

学生時代はどんな人物でしたか?

高校生まではいわゆる優等生キャラだったと思います。生徒会の会長もしていましたし。
自分では「ザ・普通」。
普通を絵に描いたような人間だと思っているのですが、周りに聞くと少し違うようでした。
興味があることにはとことんのめり込んでしまうタイプです。
例えば、私はお酒が大好きで、バーでカクテルを飲んでみるようなませた学生でしたが、学生に1杯1,000円のカクテルは手が出にくい物でした。
対してカクテルのレシピは膨大にあることが分かったので、いっそ自分で作れるようになって、おいしかったものはプロに作ってもらって飲もうと考え、大学生なのに家にお酒のボトルを30本以上所持していました(ちなみに今は100は超えていると思います)。

大学での勉強に対してはどちらかというと不真面目な方で、決して自慢できるような学生ではありませんでした。
ただそれは学科で履修が義務づけられている必修科目の講義に対してで、自分で自由に選択する講義は毎回楽しみにしていました。
また、学科では2〜3割くらいの学生が留学を経験していたので、私もそれを考えてみましたが、英語を喋れるようになることのみに魅力を感じられず、それよりは大学図書館でより理解できる日本語の書籍で勉強する方が自分のタメになると結論付けて留学は辞めました。
そのためか英語系の学科に在籍しながら全く英語は喋れず、代わりに哲学などの本を読むのが好きでした。
出身学科から「山内は英語が喋れる!」と勘違いされるのが非常に辛いところです(笑)

なぜ香月堂を選んだのですか?

理由は2点です。
1点目は食品系でも嗜好品、つまりお菓子とお酒だけに絞って活動をしていたことです。
嗜好品は口にしなくても身体的には全く問題なく生きていけるのに、どんなところに行っても必ず手に入ります。
それは精神的な面で意味があり、いわゆる「幸せ」を作れるものなのだろうと考えました。
例えば、ピーマンは栄養が必要だからと我慢して買う人がいるかもしれませんが、お菓子は嫌な顔をして買う人はいないはずです。
そんな幸せな商品が作られている会社で働くことは、精神衛生的にも良いのではないかと考え選びました。

もう1点は現実的な面です。
1点目は人の幸せや笑顔というものですが、本当にそれだけを追求するならば、町のお菓子屋さんやカフェのようにお客様の顔を見て商品を手渡しできる会社の方が妥当な選択だと思います。
でも、大きなフィールドで働きたいという想いもあったので、儲かっている会社を選ぶことも大事な判断基準の一つでした。
香月堂は毎年売り上げを伸ばし続けているし、特にコンビニエンスストアに対して強いつながりを持った会社だと知りました。
再びバブル景気のようなものが訪れない限りは、安価で高品質なものは売れ続けるであろうと考えていますので、経営的に強い基盤を持っており、今後ますますフィールドが広がって行くであろうことも魅力的に感じました。