バウムクーヘン・マフィン・マドレーヌ・
パウンドケーキ等洋半生菓子製造販売

香月堂のTVCM

伝えたいメッセージ
このCMにはあえてナレーションを挿入していません。
それは観ていただいた方にイメージを自由に膨らませてほしいからです。
例えば同じお菓子でも、それを食べていただく方それぞれのシーンがあるはずです。
そこでおいしく食べていただけるお菓子は、ちょっとした幸せになるかもしれません。
私たち香月堂は、いつも食べていただける方のすぐそばで、小さな幸せをお届けします。

「Growth篇」30秒

CMの内容
子供たちが歩いているのはバウムクーヘンの大地です。
そして、雨のように降っているのはバウムクーヘンを焼いているときに垂れる生地です。子供たちの日常は冒険にあふれており、そして、それらのひとつひとつを経験しながら、子供たちは少しずつ成長していきます。香月堂がつくるバウムクーヘンも、一層一層の積み重ねでできています。子供たちの成長をバウムクーヘンが徐々に大きくなる過程で表現し、子供たちが冒険をするときとお菓子を食べるときの楽しさやわくわく感を重ね合わせて伝えています。

「Growth篇」15秒

CMの内容
30秒バージョンの冒険とは対照的に、家庭での子供たちの成長を描いています。 子供たちの成長とともに家族のかかわり方が変わっても、相手を思いやる気持ちに変わりはありません。
楽しさやわくわく感とは異なり、子供たちが安心して成長できる環境を表現することで、香月堂が安心してお召し上がりいただけるお菓子をつくっていることを伝えています。

香月堂のその他のムービー

「進む先はそれぞれ、でも向かうゴールは同じ篇」15秒
人はそれぞれできることが違います。
そのため、同じ目標(ゴール)を掲げつつ、各々は得意な道を突き進んで欲しいと考えています。そして、同じゴールに向かう過程で歩んだ道は、各々が輝いた軌跡でもあるのです。このムービーには、自分の道を同じゴールに向かって突き進める人たちと出会いたいという想いが込められています。
「枠にはまらない個性から
生まれる創造性篇」15秒
枠にはまらない個性から生まれる創造性を表現したムービーです。人にはうわべだけの「見た目」と、その人を知って初めてわかる「本質的な性格」があります。リクルートスーツには収まり切らない、その人だけが持っている良さを香月堂は大事にしたいと考えています。そして、既存の枠組みにはまらないという志で仕事に携わってほしいと考えています。
「違いが、イノベーションを生み出す篇」15秒
形や想いがそれぞれ違う人たちが出会い、一緒に励み、時には衝突しあうことで、お互いが成長していきます。そして、そこで生まれる熱意や努力が、未来の香月堂をつくっていくのです。私たちは、そのように切磋琢磨してくれる方たちと一緒に働きたいと願ってつくったムービーです。